天茶小屋

趣味や漫画の話など気ままに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ばいばいイーディー

1月7日午前1時頃、愛犬イーディーが亡くなりました。15歳でした。長いのと暗いので追記で。




ずっと悪性のガンを患っており、年なので手術できなかったし、薬もないし、お金もなくてお医者さんにも行けなかったけどめいいっぱいがんばってくれました。お医者さんからも「15歳のダルメシアンは見たことないです・・・。すごいですね。がんばってるね。」といっぱいほめてもらいました。


去年のクリスマス前から急に体調が悪化して歩けなくなり、立てなくなり、食べられなくなり、飲めなくなり・・・・今日とうとう逝ってしまいました。こっちに引っ越してきたときが小学校1年生。それからずーっと、ずーっと一緒だった大好きな妹分がいなくなってしまいました。


占いのとおり、一ヶ月以内でとても大切なものを失いました。目に見えて死が近づく毎日が怖くて怖くてたまりませんでした。一人で家に残ってネームしながら家事をして犬の介護・・・がここ一ヶ月以上続いていたのですが、こらえきれず泣き出してしまう日は少なくなかったです・・・・。ネームがまったくできていないのもその影響で・・・・・。毎日毎日、時間をおいて眠る犬が生きているかどうか確かめる日々が、終わりました。精神的にも肉体的にもつらかったけど・・・・やっぱり失うことが一番つらい。でも大好きな子の介護は大変だけど決して苦じゃなかったです。なによりとても賢い子で、なにかしてほしいことがあると苦しいだろうに「わぅ・・!」と吼えて呼んだり、前足をカチャカチャ動かして呼んだりしてくれたので、意思を汲み取りやすかったです。暖房を消して明かりを消したとたん、不安みたいで「わぅわぅ」泣きやまない早朝は辛かったけど・・・・。


ここ数日水しか飲まなくなり、体温も低下してとても冷たかったです。最期のとき、当然夜中でしたので「そろそろ寝よう」と思っていた時間でした。とてもさびしい気持ちで長い時間ずっとなでてからふとんに入りました。しかしふとんに入ってしばらくすると、上手く説明できないんですけど大きな喪失感に突然襲われて、「バイトが終わって家に帰っても愛犬がいない」がリアルになり、たまらなくなって起きて愛犬のとこに飛んでいきました。まだ生きているのを確かめたかったんです。


愛犬の息はかすかにありました、体もまだ少しあったかかった。少し安心したけど、心臓の動く音が感じられなくて、息も本当に本当に弱くて、「あぁ、知らせてくれたんだね。ありがとう。」って思いながらなでていなら、息を感じとることができなくなり、体もどんどん冷たくなりました。弟を起こして、母にも知らせました。土日までバイトがなくてよかったです・・・・・。


歩けるうちにもっとお散歩すればよかった、とか、もっと元気なときにお金なくてもお医者さんに行くべきだったかとかいろいろ後悔はあるけど、最後の最後まで自分が面倒見て、自分が看取ってあげられて嬉しかったです。もうガンが進行して肉という肉が全てなくなり、骨と皮だけなのに食べられなくて本当に見てて辛かったです。やはり医者に・・・と思わなかったわけじゃないけど、でも最期は絶対そばにいたかったから譲れなかった。


やんちゃでいたずら大好きで、食い意地はってて寂しがり屋などうしようもない甘えん坊。だけど誰に似たのか子どもが親に怒られていたら吼えてけん制したり、親が喧嘩してたらこれまた吼えて「やめろ!」って訴えたりと正義感の強い、人間みたいな犬でした。



一緒にいてくれてありがとう。がんばってくれてありがとう。これからも見守っていてください。
スポンサーサイト
【 2010/01/07 】 ペット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あまさかえで

Author:あまさかえで
少女マンガの修行中。

白泉社花とゆめでお世話に
なっています。 

投稿・お仕事履歴は
「はじめに」のカテゴリから。

なにかございましたらメール↓
yuria101eady★yahoo.co.jp
(★を@に変えてください)

またはウェブ拍手↓



までご連絡ください。

ツイッター↓
amasakaedeをフォローしましょう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。